スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金閣寺

おはようございます。

土曜日の朝、いかがお過しですか?
台風の心配もなくいい天気になりそうですよ。

さて今回は金閣寺のご案内です。
京都観光となるとやっぱり外せないのが金閣寺。
1994年(平成6)12月「古都京都の文化財」として、
「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録されました。
正式なお寺の名前は鹿苑寺(ろくおんじ)。

まず少し地味ですが正面の総門を通る前のお寺の周囲を囲む塀に注目です。
これには白い5本線が入っています。
これはもっとも高い寺格を示す線だそうです!

金閣寺1


舎利殿
金閣寺

金閣寺のシンボル的存在といえば、舎利殿。
1950年の火事で全焼し、
現在の姿は1955年に再建されたものだそうです。

歴史の教科書にも、舎利殿が掲載されるので
これが金閣寺だと思っている人が多いようです
この舎利殿を含めた寺院全体がいわゆる金閣寺。
舎利殿自体は「金閣」と呼ばれるそうです。


夕佳亭(せっかてい)
夕佳亭

「夕佳亭」は茶室のひとつ。
夕方になると金閣が美しく見える、
という意味からこの名がついたそうですよ。


鏡湖池(きょうこち)
鏡湖池

池に写る金閣寺(金閣?w)の姿は
「逆さ金閣」と呼ばれています。

アクセス
金閣寺3

【正式名称】 鹿苑寺(ろくおんじ)
【通称名称】 金閣寺(通称)(きんかくじ)
【住所】 北区金閣寺町1
【電話番号】 075-461-0013
【ホームページ】http://www.shokoku-ji.or.jp/kinkakuji/
スポンサーサイト

京都

こんばんは
夏も終わり9月に入りました。

今週末は台風の影響で飛行機等の
欠航が予想されます。

やはりもう秋なんですね~

ということで今回は京都をほんの少しご案内いたします。

京都の祇園は、八坂神社の周辺一帯のことを指します。
京都らしい雰囲気で、多くの観光客が訪れる地域です。
鎌倉時代から、八坂神社の門前町として栄えた祇園。
江戸時代からは花街として栄え、高級料亭やスナックの
集まる繁華街として今も賑わっています。

八坂神社
八坂神社

絶対に外せないのは、祇園の中心となっている「八坂神社」。
祇園の街のシンボルでもあり、縁結びのスポットや
パワースポットとしても知られています。


建仁寺
建仁寺1

建仁寺

美しいお庭で知られる建仁寺は、栄西が建てた臨済宗のお寺。
禅寺体験として、坐禅と法話の体験や写経体験も行っています!
禅の心に触れたいという方は、是非申し込んでみて下さいね。


花見小路通
花見小路通3

京都らしい風景が見られる場所と言えば、この「花見小路通」。
四条通から北はバー・スナック街のテナントビルが立ち並んでいます。
南側は、石畳の道のお茶屋街になっています。

京都行きのご予約はお早めに!!

新潟②

津南ひまわり広場
津南ひまわり広場






おはようございます。

週末の午後いかがお過しですか?
8月ももう終わりですね~

昨晩ラジオをつけっぱなしにしていたら
夏の歌?サマーソング?wばかり流れてました。

さて本日も新潟をほんの少しだけご案内いたします。

新潟砂丘
新潟5

砂丘といえば有名なのは鳥取砂丘ですね。大きさは南北2.4km、東西16km。
ちなみに日本一の砂丘と言われているのが青森県にある猿ヶ森砂丘(さるがもりさきゅう)。
幅は約1~2km、総延長は約17kmだそうです。
そして新潟にも砂丘があるのはご存知ですか?
村上市岩船港から南西部の角田山麓まで
新潟砂丘は長さが約70kmにも及びます!
もしかして日本一?

角田岬灯台・判官舟かくし
角さんw

判官舟かくし

越後七浦シーサイドラインの起点地、角田浜にある灯台です。
青い海と白い灯台がとってもキレイです。角田浜駐車場から灯台へ向かう途中、
源義経が頼朝に追われ、逃げる際に舟を隠したと言われる「判官舟かくし」があります。
トンネルのような洞窟を通り抜けてすぐ右手に「判官舟かくし」の洞穴が佇みます。

■ 基本情報

・名称:角田岬灯台・判官舟かくし
・住所: 新潟市西蒲区角田浜
・アクセス:JR越後線「巻駅」よりバスで30分
      北陸自動車道「巻潟東IC」より車で30分
・電話番号:0256-73-1000(新潟市西蒲区役所産業観光課)
・関連サイトURL:http://www.niigata-kankou.or.jp/(にいがた観光情報ナビ)

明日は8月最後の日曜日ですね。
良い週末をお過しください!!

新潟県①

新潟3


こんばんは

昼間はまだまだ暑いですが
夜帰るころは涼しい風が気持ちいですよ~

先週ですが新潟に住んでいる高校時代の同級生から
久しぶりに連絡があり今度は茨城の水戸に転勤になるとのこと。
その前は長野に住んでいたのですが転勤族は大変ですね~

そんなわけで本日は新潟の街をほんの少しご案内したいと思います。
新潟市は、信濃川と阿賀野川の河口に位置する日本海側を代表する町です。
福岡からは飛行機で約2時間弱でございます。

萬代橋
新潟1

新潟

「水の都」を象徴する信濃川にかかる橋。
六連アーチが特徴で、重要文化財にも指定されています。
アーチの美しさと石づくりの荘厳さは、風格を感じます。
夜、ライトアップされた橋も幻想的でデートコースに人気の場所です。

明治時代に初めて架橋され、昭和初期に竣工された現在の萬代橋は3代目となるそうです。
国の重要文化財にも指定されていて新潟市のシンボルと言われる風格のある橋です。

■ 基本情報

・名称:萬代橋
・住所:新潟県新潟市中央区万代
・アクセス:JR新潟駅から古町方面へ徒歩15分
・問い合わせ:025-244-2159(新潟国道事務所)
・関連サイトURL: http://www.hrr.mlit.go.jp/niikoku/info/bandaibashi/(みちナビ新潟)マリンピア日本海【新潟市】


朱鷺メッセ【新潟市】
朱鷺メッセ1

朱鷺メッセ

展示場、会議室、ホテルなどが一体化した複合型コンベンション施設。
地上125m日本海側随一の高さを誇るBefroばかうけ展望室からは
新潟平野、信濃川、日本海の雄大な景色360度パノラマビューを楽しめます。
やっぱり見どころは展望室から見える万代橋の夜景ですね。
夜景100選に選ばれたくらいですからね、本当に美しいです。



○JR新潟駅から「観光循環バス(ドカベン号:約20分、犬夜叉号:約40分)」に
乗るのもおススメです。1日乗車券(500円)で入館料が2割引になります。
○磐越道新潟中央ICから国道8号経由9km、約25分
・営業時間:9:00~17:00
・定休日:12月29日~1月1日、3月の第1木曜日とその翌日
・電話番号:025-222-7500
・料金: 大人1,500円/小、中学生600円/幼児200円
・公式サイトURL:http://www.marinepia.or.jp/

若かりし頃友人が転勤するたびに遊びに行っていたのですが
新潟には行かなかったな~ 



京都②

おはようございます。

毎朝お世話になっているバスですが
早朝ということもありあまり人は乗って
おりません。

ただここ数日間は大きな荷物やスーツケースを
もった方やお子様連れの方が増えております。

夏休みで旅行に行かれたり田舎に帰省されたり
するのでしょうね

さて今回は前回に引き続き京都の観光地をほんの
少しだけご案内いたします。

花見小路通(はなみこうじどおり)
花見小路通2
祇園町の中心の通りである花見小路通。石畳が続く通りに料亭やお茶屋が立ち並んでいて、
まさに京都!という雰囲気を楽しめるスポット。
2001年には花見小路通の整備が終わり、石畳を敷いたり、電線・電柱の地中化工事をしたりしたことで、
より一層情緒的な街並みとなりました。
花見小路通では夕方になるとお茶屋に出勤していく本物の舞妓さんや芸妓さんに会うことができます。
そんな古くて新しい花見小路通は散策するだけでも楽しくなります

伏見稲荷大社の千本鳥居
伏見稲荷大社の千本鳥居3

全長4キロあるという千本鳥居です。
赤の鳥居がトンネルのように連なる姿は圧巻の一言! 
記念写真スポットとしておすすめです。
伏見稲荷大社・千本鳥居の所要時間は、約30分程度です。
一番上の一ノ峰まで行く場合は、上まで45分程度とされていますが、
休憩時間なども考えると、往復で2時間程度となります。

■ 基本情報

・名称: 伏見稲荷大社
・住所: 〒612-0882 京都市伏見区深草薮之内町68番地
・アクセス: 京阪電車「伏見稲荷」駅(急行停車)下車。駅から大社まで徒歩約5分。
・営業時間: 8:30~16:30
・定休日: 無休
・電話番号: 075-641-7331
・料金: 一般参拝は無料(但し、ご祈祷拝受は有料)
・公式サイトURL: http://inari.jp/



坂本龍馬襲撃事件の舞台・寺田屋
坂本龍馬襲撃事件の舞台・寺田屋2

京都・伏見にある寺田屋。幕末の志士であった坂本龍馬が愛用していた旅館で、
寺田屋事件や坂本龍馬襲撃事件の舞台として有名なスポットです。
現在ある寺田屋は、鳥羽伏見の戦いで焼失したあとに建てられたものです。

トロッコ列車と保津川くだり
トロッコ列車と保津川くだり
トロッコ列車と保津川くだり1

嵯峨野トロッコ列車は、京都、嵯峨野を基点に保津川渓谷に沿って
丹波亀岡に至る7.3kmを約25分で結ぶ観光列車です。
亀岡から保津川下りの舟に乗って嵐山まで帰ってくるのがゴールデンコースです。


■ 基本情報

・名称: 嵯峨野観光鉄道・トロッコ列車
・電話番号: 075-861-7444
・料金: 大人620円 / 小人310円
・定休日: 水曜日(水曜日が祝日の場合は運転)
※ただし、春休み・GW・夏休み・紅葉の時期には、水曜日も運転。
・所要時間: 約25分
・公式サイトURL: http://www.sagano-kanko.co.jp/

■ 基本情報

・名称: 保津川下り
・アクセス: 嵯峨野トロッコ列車「亀岡駅」から連絡バスの場合15分、タクシーの場合10分
・出船時刻: [3月10日~11月30日]
9:00/10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:30
        ※一隻定員になり次第、随時出船。 ※土・日・祝日は不定期運航。
        [12月1日~3月9日]
10:00/11:30/13:00/14:30
※12月12日~3月9日の期間は冬季お座敷暖房船
・休業日: 12月29日~1月4日
・電話番号: 0771-22-5846
・料金: 大人4,100円 / 小人(4歳~小学生)2,700円
・所要時間: 約2時間
・公式サイトURL: http://www.hozugawakudari.jp/

それでは今日も良い一日をお過しください!!
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。